×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

メルカゾール 副作用 筋肉痛

メルカゾールの副作用で筋肉痛はでるのか

バセドウ病を治療する際、一般的に処方されるのが「メルカゾール」と言う薬。このメルカゾールを飲んだ時、副作用として筋肉痛が出る事があるのかをお伝えします。

 

あまり知られていないバセドウ病。メルカゾールについても「どんな副作用が出てくるのか」など、色々と不安になりますよね。私の検査結果もご紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

 

スポンサードリンク

 

メルカゾールの副作用で筋肉痛はでるのか

 

 

私の場合、筋肉痛とは少し違いますが、筋肉への悪影響は

 

出ました

 

その時の項目と数値がこれ。

 

 

色々線が引いてあって見ずらいですね、すみません。これは先生に説明の為に引いてもらった線なんですが、注目してもらいたいのが「CK」と言う項目。

 

この「CK」と言う項目は、簡単に言うと「筋肉が壊れていないか」を見る数値なんです。この項目の「上限値」は247なんですが、私の数値は約37倍の「9,140」。ものすごい数値になってしまいました。

 

この数値が高くなると、心筋梗塞や心筋炎などの心臓に関わる病気になったり、私のような数値までなると「筋ジストロフィー」などの病気なる事もあるそうです。

 

このCKの数値が上がった時に、私にどういった症状が出てきたかと言うと

 

CK値上昇の時に出た症状

 

 

この検査までに出た症状としては、最初の方は、足に「筋肉痛」のような筋肉の違和感。それから、段々と足に力が入らな無くなってきて、最後の方は「足がフワフワ」している感じになって、もう足に力が入らず感覚が無くなっているような感じでした。

 

私の場合、足の違和感は「周期性四肢麻痺」も出ていたので、またそれかとも思っていたんですが。検査をしてみると違いました。なので、メルカゾールの副作用で「筋肉の違和感」は出てくると思います。

 

この時注意してほしいのは、バセドウ病を見るための数値「FT3」とかは、正常値なんです。だから、上半身に出るバセドウ病の症状はあまり感じられません。その辺りも注意してくださいね。

 

あと、私の場合は「肝数値」も悪くなりました。その内容はこちらの記事に書いていますので、併せてご覧ください。「メルカゾールの副作用で肝臓の数値が悪くなるのか」

 

スポンサードリンク

 

 

 

関連ページ

バセドウ病の薬の飲み忘れは大丈夫か?
バセドウ病の薬を飲み忘れた時、バセドウ病の数値に変化があったり、体調が悪くなるのかなど、私の体験をお伝えします。
バセドウ病の薬の種類
バセドウ病の薬の種類をお伝えします。実際に私が服薬したものになります。あまり知られていない薬も飲んでいましたので、参考にしてください
バセドウ病の薬の効果はどの位で出てくるのか
バセドウ病の薬の効果はどの位で出てくるのかを、お伝えします。基本的には個人差があるので、実際の私の数値などをお見せしながらお伝えしていきますので、薬の効果に不安がある方は是非ご覧ください
メルカゾールの副作用で肝臓の数値が悪くなるのか
メルカゾールの副作用で、肝臓の数値が悪くなるのかをお伝えします。実際に私に起きた肝機能の数値ですので、参考にしてください
メルカゾールの添付文書をご紹介
バセドウ病の治療に使う薬、「メルカゾール」の添付文書をご紹介します。メルカゾールには、どんな副作用についてあるのか気になりますよね。こちらでご確認ください